コスメやネイル、ファッションなど、好きなことを好きなだけつらつら書くblogです。
page top
Neutrogena Sensitive Skin Sunscreen Lotion
引っ越しでボディ用の日焼け止めも送ったはずなのですが、ダンボールの中から見つけられず、結局買いました。
送ったって言ってももう1年半以上前の話なので記憶も曖昧なんですけどね!

Neutrogena Sensitive Skin Sunscreen Lotion

Neutrogena Sensitive Skin Sunscreen Lotion Broad Spectrum
SPF 60+

コスメフロアでSPF100を手に取りガン見した私…。SPF100て…。もう絶対焼けないじゃん…。凄い安心感じゃん…。
と思ったのですが、日常生活ではSPF30くらいでいいと言われている中、わざわざSPF100なんて凄まじく肌に負担のかかりそうなものを選ぶのもどうかなと、こちらにしました。
でもSPF60!
野外BBQの予定があったので。

(日本の最高値はSPF50+なので、アメリカに来て驚きました。ただ、どんな日焼け止めでもUVBの防御率は、SPF15で約93%、SPF30で約97%、SPF70で約99%なんですってね。SPF100はSPF50の2倍の効果がある、と誤解を与えてしまうため、去年からアメリカも同じように規制されることになった…とどこかで読みましたが、今年は普通にSPF100まで売っていました。)


しかし「アメリカの日焼け止めは凄いよw」と聞いていた、噂に違わぬ使い心地でした…。

テクスチャは真っ白なクリーム。
肌に伸ばすと日焼け止め特有の軋む感じがあり、白っぽくなります。
日本も日焼け止めと言えばこういう使い心地だった時代があったよね、みたいな…。
塗った後はベタついた感じが続きますし、肌がつっぱる感じもあります。

そして焼けます。

焼けます…。

SPF60なのに!

うっすら、本当にうっすら、焼けていきます。
ただそれが積もりに積もって、黒くなってきましたよ…。

Water Resistant (80min) と書いてあるので、耐水性もあるみたいですね。
という訳でシャワーではもちろん落ちませんし、普通のボディソープで洗っても落ちません。
キシキシした感覚が残ります。

日本の日焼け止めの使い心地に慣れている身としては、捨てたくなるような商品でしたorz

他の商品も使ってみたいのですが、なんせ英語が読めなくてね(^q^)
La Roche-Posayが近所のドラッグストアにあったので今度買ってみようかな〜。ただ日本と展開している商品が違うみたいですけどね…。


どうせ新しく買って使うなら安全なものを、と思って、アメリカの環境保護NPO機関(EWG)が日焼け止めを評価しているサイトを見ていたら…。
買ったNeutrogenaの日焼け止め、危険度7!まじかー!

読めないなりに勉強します…。
http://www.ewg.org/2013sunscreen/


Ranking


コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 幸福缶詰. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG